キャンパスが美術館

ARCHIVE展覧会アーカイブ

  1. HOME
  2. 展覧会アーカイブ
  3. SEIAN ARTS ATTENTION 13 fringe and fringe 縁と前髪
Design|塩谷 啓悟

展覧会概要

 セイアンアーツアテンション13『fringe and fringe 縁と前髪』では「時間と経験」をテーマに、絵画とインスタレーション作品を中心とした展示を行います。COVID-19の感染拡大に伴い、人の移動は大きく制限されることになりました。しかし一方で、オンラインでの対話が一般化し、インターネットを介した作品鑑賞の手段も整備されるなど、情報の伝達速度はますます加速しています。私たちは、身体に縛られた持続的な時間と、視覚や聴覚の把握による瞬間的な時間の中で揺れ動いている存在と言えるのかもしれません。

 本展では、人が無意識に行っている時間感覚の経験を、絵画鑑賞の中から引き揚げようと試みます。出展作家である小柳裕・中川トラヲ・馬場晋作の仕事を対比する中から浮かび上がってくる、絵画に潜在する時間と経験を是非お楽しみください。

 

成安造形大学【キャンパスが美術館】

 

チャンスの神様には前髪しかないらしい。

瞬間的な時間を意味する「カイロス」の語源となった神は、前髪が長く後頭部が禿げているのだという。

 

 対象へアプローチを繰り返す持続的な時間や経験は、絵画制作におけるオーソドックスなプロセスである。積み重ねた時間は自ずと画面に蓄積し、可視化される。しかし瞬間的にすべてのイメージを引き受けるような体験もまた、絵画の経験である。絵画には様々な幅の時間が寄り集まり、その境界(=縁)は不均質に流動している。「縁(ふち)」と「前髪」という言葉は、絵画をめぐる多様な時間の幅である。絵画は伸び縮みする時間を自在に行き来し、不均質なまま定着可能な興味深いメディアである。

 COVID-19の猛威に苛まれる現在の私たちは、距離や時間、その中で生まれる経験の意味について、再考を余儀なくされている。本展では3人のアーティストによる絵画へのアプローチを提示し、それぞれの「縁(へり)」への接触を試みる。この企てにより、絵画に潜む「時間」や「経験」について再考する「縁(えん)」となれば幸いである。

 

馬場晋作(成安造形大学 准教授)

 

Seian Arts Attention 13 “fringe and fringe” features paintings and installation works on the theme of time and experience. With the spread of COVID-19, the movement of people has been greatly restricted. At the same time, however, we can easily access information, as virtual conversation becomes more common and a means of virtual art appreciation has been developed.  through the internet the method of viewing the art pieces has developed. We might be able to say that our presence is ambivalent about time; we are living as oscillating between sustained time tied to our bodies and instantaneous time grasped by sense of sight and hearing. In this exhibition, we will attempt to bring out the experience of our unconscious time perception via the artworks. We hope you will enjoy the time and experience existing in the paintings that emerge from the contrast between the work of the exhibitors, Yutaka Koyanagi, Torawo Nakagawa, and Shinsaku Baba.

 

Seian Art Center, Seian University of Art and Design

 

As the proverb goes, “Grasp Fortune by the forelock.” The God who is the origin of the word "Kairos," means momentary time, to have a long fringe but to be bald at the back of the head.

In painting it is an orthodox process to take a repetitive approach for drawing and painting the object.  When an artist takes time to create a work of art, it will accumulate and become visible on the surface. However, art appreciation also enables us to grasp the whole picture or image of a scene instantaneously. In painting artworks, the boundary—that is, fringe—of the timeline is unevenly dispersed due to the gathering of multiple timelines. The word “fringe and fringe” from this exhibition’s title illustrate the intervals of various time and timeline in painting. Painting is the interesting media that can move freely through time and can be as it is, being ambivalent toward timeline.

As tormented by the spread of COVID-19, we are forced to reconsider the meaning of distance, time, and the experiences created within it. In this exhibition, three artists will present their approaches to painting; they are on the fringes of the art world, attempting to make contact with the edge of time and distance. It is our hope that this project will form the edge of the "time" and "experience" hidden in paintings to reconsider.

 

Shinsaku Baba (Associate Professor, Seian University of Art and Design)

 


ご来館のお客様へのお知らせ

本学での新型コロナウイルス感染症対策が緩和され、展覧会にご来場いただく際の事前予約が不要となりました。開館中であれば自由に来学が可能です。

詳しくはこちらの記事をご確認ください。→https://artcenter.seian.ac.jp/news/4475/


 

 

 

 

 

 

360° Exhibition View

 

           撮影:株式会社 KYO-ZON

出展作家

小柳 裕 | Koyanagi Yutaka
中川 トラヲ | Nakagawa Torawo
馬場 晋作 | Baba Shinsaku

展覧会の様子

展覧会詳細

2021 夏の芸術月間 セイアンアーツアテンション 13
fringe and fringe 縁と前髪

会 期|2021年7月13日[火]—8月6日[金]11:00—17:00
休館日|日・月曜日・祝日 *7月25日[日]はオープンキャンパスのため開館
会 場|成安造形大学【キャンパスが美術館】
  • 05ギャラリーウインドウ
  • 06ギャラリーアートサイト
主 催|学校法人京都成安学園100周年記念事業、成安造形大学【キャンパスが美術館】、成安造形大学同窓会
*【キャンパスが美術館】における大学と同窓会との連携事業の第三弾です。
デザイン|塩谷 啓悟
会場撮影|守屋 友樹
イベント撮影|オカモト アユミ
PAGE TOP