キャンパスが美術館

ABOUTキャンパスが美術館について

  1. HOME
  2. キャンパスが美術館について

コンセプト

【キャンパスが美術館】は、その名称の通り「芸術大学のキャンパス=美術館」という発想から生まれた回遊式美術館です。京都成安学園の創立90周年を記念して2010年10月にオープンしました。キャンパス内に点在する9のギャラリースペースで様々な展覧会をご覧いただけます。

教育・研究の場および地域交流の場となることをコンセプトに、在学生・教職員・卒業生に発表の機会を提供し、また、国内外で活躍するアーティストの企画展を行い、幅広く表現活動を紹介しています。さらに滋賀ゆかりの企画展示を積極的に行い、芸術を通して地域の魅力を発信し地域交流の機会提供に努めています。

毎年、現代において注目すべきテーマを設定した総合芸術祭「SEIAN ARTS ATTENTION*(セイアンアーツアテンション)」をキャンパス全体で開催しています。 [*ATTENTION=注意、注目する]

「展示すること」は、「作品をつくること」と同じくらい重要な一つの表現活動です。「誰に、何を、どのようにみせるか」を考えるまなざしは、作品やみる人、それを取り巻く社会への批評性を内包しています。展示によって「みる側」は提示されたものについて思考を巡らし、それが「みせる側」や社会へと反響していく。その相関関係が生まれる瞬間こそ、誰もが芸術を通して社会を意識する契機にほかなりません。

【キャンパスが美術館】は学生とともにその実験を繰り返しながら、地域と結びつき、試行錯誤を繰り返し成長していく「美術館」でありたいと考えています。

ギャラリーマップ

ギャラリーマップ
キャンパスが美術館
01

バスストップギャラリー

02

スパイラルギャラリー

03

学園歴史資料室 

04

ライトギャラリー

05

ギャラリーウィンドウ

06

ギャラリーアートサイト

07

ギャラリーキューブ

08

ガーデンギャラリー 

09

カフェテリア「結」紀伊國屋&ミュージアムショップ 

ギャラリー紹介

01バスストップギャラリー
スクールバスの停留所横に位置するコンテナを改修した、ガラス張りのギャラリー。学生が企画した展覧会を中心に開催します。
02スパイラルギャラリー
本館棟の玄関スペースに位置するこのギャラリーでは、1階と2階をつなぐ螺旋階段横に、恒久設置された作品「空にかける階段’89」(故 富樫実先生 作)もあわせてご覧いただけます。
03学園歴史資料室 
90年の学園史を彩る記念品や歴史的資料を展示。学祖・瀬尾チカの文献資料をはじめ、開学当初の制服や年表、映像資料などで成安の歴史を紹介。
04ライトギャラリー
壁一面のガラス戸から入る自然光の変化によって表情が変わる展示空間。12ギャラリーの中でもっとも広いギャラリー。
05ギャラリーウィンドウ
ショーウィンドウのような大きなガラス面のある外観が特徴。
06ギャラリーアートサイト
最も昔からある【キャンパスが美術館】のメインギャラリー。
07ギャラリーキューブ
ホワイトキューブに近いギャラリーで、L字型の移動壁面や常設のスクリーンによって多様な展示が可能です。
08ガーデンギャラリー 
カフェテリア「結」に隣接する野外ギャラリー。琵琶湖が一望できるロケーションで本学ゆかりのアーティストによる常設作品をお楽しみいただけます。
09カフェテリア「結」紀伊國屋 & ミュージアムショップ 
成安造形大学の学生たちがセルフビルドしたカフェテリア「結」と、その店内に併設された【キャンパスが美術館】オフィシャルショップ。

ギャラリーの使用をお考えの方

ギャラリーの利用をお考えの方は以下から資料をダウンロードしてください。

※【キャンパスが美術館】が管理するギャラリーは学内の方のみ利用申請ができます。

ギャラリー使用規約PDFダウンロード

各ギャラリー画像 + 図面

  1. 【01】バスストップギャラリーPDFダウンロード
  2. 【02】スパイラルギャラリーPDFダウンロード
  3. 【04】ライトギャラリーPDFダウンロード
  4. 【05】ギャラリーウィンドウPDFダウンロード
  5. 【06】ギャラリーアートサイトPDFダウンロード
  6. 【07】ギャラリーキューブPDFダウンロード

お問い合わせ

お問い合わせは、メールでお願いいたします。
お問い合わせの際には、ご氏名、ご連絡先の電話番号を必ず明記してください。
artcenter@seian.ac.jp

PAGE TOP