キャンパスが美術館

ARCHIVE展覧会アーカイブ

  1. HOME
  2. 展覧会アーカイブ
  3. キャンパスが美術館企画展 てんかいするメソッド

キャンパスが美術館企画展
てんかいするメソッド

2022年9月2日[金]—9月24日[土]
11:00—17:00
日・月休館

Design|塩谷 啓悟

展覧会概要

 

 作家が制作を始める時、そこには静物、風景、人物など作品化するべき対象が存在します。身体から生み出されるパフォーマンスや対象物を持たない抽象作品であったとしても、それは自らを写し出す鏡として、作家自身を対象化することになるでしょう。取り上げる対象と制作の動機は作家によってさまざまですが、それらはどれも特別なものではなく、私たちの身の回りに溢れている日常の一コマ、あるいは旅先での出会い、そしてそれらを見つめる作家自身の中に存在しています。しかし、ある動機に基づいて選択されたありふれた対象は、作家独自のメソッドに沿って展開/転回されることで、新鮮な印象を与える作品として提示されることになります。会場で私たちが出会う作品たちは、どのような方法に基づいて制作されているのでしょうか。本展では、作家が独自に実践する制作方法(メソッド)に焦点をあて、対象がどのように展開/転回されていくのかを見ていきます。

 


 
Methods for Creation
 

     When an artist creates a work, there is the motif to be created, such as still lives, landscapes, or persons. The works include performance using one’s body and abstract art without any motifs, but those reflect the artist himself or herself; in other words, the artists themselves could be the theme. The motifs and motives of creation vary from artist to artist.  They are not necessarily something special: they exist around us in daily lives, during our travels, and artists’ experiences and thoughts. However, the common motifs selected are developed and transformed according to the artist's unique methods to be presented as artworks that give new perspectives. What methods are used to create the works we encounter at the exhibition? In this exhibition, we will focus on the artist's unique methods of creation and see how each motif selected is developed and transformed.

Takeo seeks to transform motifs such as plants into new expressions through the repetition of complex transfer processes using copper plates and copying machines. Hayashi attempts to create works of difficult-to-visualize objects such as the voice and the space inside the body by drawing directly on the wall with a "lip print" or by using resin to create a mold of the oral cavity. Miyake uses plants as her motif in the same way as Teko, but her artworks remind us of memories and dreams through black-and-white images appearing when looking at them from different angles and reflecting light. Morita has painted the faces of more than one hundred species of animals. She carefully selects animals under the restrictions of breeding as her motifs from researching on laws and regulations that are constantly updated to protect plants and animals. Yamazaki uses photographs he has daily taken by a mixture of 3D scanning and printing techniques. His artworks are known as “nested” paintings: the layer of printed photographs on a work includes his previous works.

 All of the artists in this exhibition are active in their respective fields while supporting the educational and research activities of students at the university. We hope that this exhibition will provide an opportunity to show the artworks of the artists who are usually teaching and guiding students.

 


 

ご来館のお客様へのお願い

来学時の事前予約は不要です。

ただし、今後の新型コロナウイルス感染状況によっては事前予約が必要となる可能性がありますので、Webサイトをご確認の上、お越しください。

ご来場の際には、会場入口での検温、氏名、連絡先の記入をお願いしています。

また、マスク着用、手指消毒、入場制限など感染予防のご協力をお願いします。

出展作家

武雄 文子 | TAKEO Ayako
林 葵衣 | HAYASHI Aoi
三宅 佑紀 | MIYAKE Yuki
森田 存 | MORITA Ali
山﨑 愛彦 | YAMAZAKI Yoshihiko

展覧会の様子

展覧会詳細

「てんかいするメソッド」

会  期|2022年9月2日[金]—9月24日[土]
時  間|11:00–17:00
休  館|日・月曜休館
会  場|成安造形大学【キャンパスが美術館】
  • 05ギャラリーウィンドウ
  • 06ギャラリーアートサイト
主  催|成安造形大学【キャンパスが美術館】
出展作家|武雄 文子 | TAKEO Ayako
林 葵衣 | HAYASHI Aoi
三宅 佑紀 | MIYAKE Yuki
森田 存 | MORITA Ali
山﨑 愛彦 | YAMAZAKI Yoshihiko
デザイン|塩谷 啓悟
会場撮影|守屋 友樹
PAGE TOP