キャンパスが美術館

ARCHIVE展覧会アーカイブ

  1. HOME
  2. 展覧会アーカイブ
  3. SEIAN ARTS ATTENTION Vol.9 「UNCOVER」
Design|岸本 倫子

展覧会概要

どのようなきっかけで着想され、どんな道筋を辿って完成へと至るのか。
既に完成された作品から、考察してみる。

 

成安造形大学【キャンパスが美術館】では、植松琢麿、国谷隆志、君平の3 名の美術家によるグループ展「UNCOVER」を開催致します。
美術作品には、常に様々なバックグラウンドが隠されているものです。それは作家の個人的な経験や思想であり、制作の中から生まれた独自の技術でもあります。
本展では3 名の作品展示と合わせ、それぞれが普段の制作とは異なる手法やメディウムを使用して、作品に潜む要素を自らの手で可視化することを試みます。完成された地点から、タイムラインを逆方向へと掘り進めていくことにより設計される展示空間は、作家が本質的に持ちうる新たな側面と可能性を鑑賞できる貴重な機会となるでしょう。

成安造形大学【キャンパスが美術館】

 

 

How is an idea conceived, and what are the paths that lead to its completion?
Let’s consider this, through completed works of art.

 

Seian Art Center of Seian University of Art and Design presents “UNCOVER”, a group show exhibiting the works of 3 artists, Takuma Uematsu, Takashi Kunitani, and Kumpei.
There are always many backgrounds hidden within artworks. These include the artist’s personal experiences and thought processes, as well as unique skills borne from creating artworks.
In accordance with the 3 artists’ exhibits, this show utilises methods and mediums that differ from what the artists usually use, and actively aims to make visible the hidden elements within the artworks.
Designed in a way that begins with completion then excavates back through time, the exhibition space provides a significant opportunity to appreciate new aspects and possibilities held innately within the artists.

SEIAN ART CENTER, Seian University of Art and Design



*セイアンアーツアテンションは、成安造形大学が運営する「キャンパスが美術館」のメイン企画として、全てのギャラリーや学内各所を舞台に開催する総合芸術祭で、今回で10回目となります。

出展作家

植松 琢麿|UEMATSU Takuma
国谷 隆志|KUNITANI Takashi
君平|Kumpei

展覧会の様子

展覧会詳細

2017 春の芸術月間 セイアンアーツアテンション Vol.9
「UNCOVER」

会 期|2017年5月22日[月]—6月24日[土]12:00—18:00
休館日|日曜日 *ただし、6月4日[日]は開館
会 場|成安造形大学【キャンパスが美術館】
  • 04ライトギャラリー
  • 05ギャラリーウインドウ
  • 06ギャラリーアートサイト
主 催|成安造形大学【キャンパスが美術館】
PAGE TOP