キャンパスが美術館

ARCHIVE展覧会アーカイブ

  1. HOME
  2. 展覧会アーカイブ
  3. 美術領域リレー個展 kekkoking「Uterus」

美術領域リレー個展 kekkoking「Uterus」

2022年7月12日[火]—7月18日[月]
11:00–18:00

展覧会概要

美術領域現代アートコースでは毎年前期に、3年生によるリレー形式の個展を行います。

今年度は7月の間、7名の個展を開催します。

リレー個展は、学生主導のもと作品制作だけではない、広報・運営・記録といった展覧会全体に目を向けた活動を行っています。

7月 12日(火) ~ 7月18日(月)の期間は、kekkokingによる個展「Uterus」を開催致します。

 

《ご来館のお客様へのお願い》

ご来場の際には、会場入口での検温、氏名、連絡先の記入をお願いしています。

また、マスク着用、手指消毒、入場制限など感染予防のご協力をお願いします。

 


 

人体の子宮をモチーフとするそのオブジェは、展示室内いっぱいの大きさをもち、円柱の両端を窄めたような形で膨らんでいます。

そのもの自体に子宮を表すほどの具体性は備わっておらず、素材は薄いビニールでできており、軽く、僅かな風でゆらゆら動き続けています。よって、自らの身体と精神、生命の所在を問うようなモチーフを選びながら、そうしたモチーフに現れがちな重苦く、痛切な表現は見受けられません。

そこには消失してしまいそうな不安定さがあると同時に、何かそれ自体生き物にも見え、脈々と流れる生命力と確かな存在を帯びています。

表現するため選ばれた軽く脆い素材は、扱うモチーフとの距離を感じさせますが、しかし不思議とその差異が心地よい感覚を与え、新たな可能性を示しているように見えます。

 

このオブジェは人が中に入り、鑑賞することができます。

自身が何を思うのか、ぜひご体感ください。

出展作家

kekkoking(現代アートコース3年生)

展覧会詳細

会  期|2022年7月12日[火]—7月18日[月]
時  間|11:00–18:00
会  場|成安造形大学【キャンパスが美術館】
  • 00その他 (E棟102 美術領域展示室)
主  催|成安造形大学美術領域 現代アートコース
PAGE TOP