キャンパスが美術館

SCHEDULEスケジュール

  1. HOME
  2. スケジュール
  3. 永田 康祐 | NAGATA Kosuke

永田 康祐 | NAGATA Kosuke

2024年10月15日[火]—11月9日[土]
11:00—17:00

05ウインドウギャラリー

《 Stills from Translation Zone 》 映像 / 2019

展示概要

 

 

《Translation Zone》では、アーティスト自身が料理を行う映像に、アーティスト自身による日本語訛りの英語のナレーションが重ねられている。

このナレーションでは、分子調理学や人類学における文化の翻訳についてや、そうした文化の翻訳に伴う摩擦について、様々な言語で表される""炒飯""や機械翻訳に伴う脆弱性などを例に語られる。本作は、シンガポールにおける多民族文化や、日本における外国の文化のローカライズなどをとりあげ、多文化の混淆が、そもそも文化の創造のプロセスなのだと示している。
日本で揃う材料を使って他の国の料理を作ったり、ある言葉を別の言語へと翻訳する際には、必ずズレや摩擦が発生する。

本作では、このズレと摩擦に注目し、翻訳が失敗したり、相互に混ざり合ってしまうような状態に、文化の豊かさの源泉が見いだされている。

出展作家

永田 康祐 | NAGATA Kosuke


1990年愛知県生まれ。神奈川を拠点に活動。

主な展覧会
『イート』 gallery αM/2020
『トランスレーションズ展 −「わかりあえなさ」をわかりあおう』21_21 DESIGN SIGHT/2020
『FALSE SPACES 虚現空間』トーキョーアーツアンドスペース/2019
『あいちトリエンナーレ2019:情の時代』愛知県美術館/2019
『オープンスペース2018:イン・トランジション』NTTインターコミュニケーションセンター/2018
『第10回恵比寿映像祭:インヴィジブル』東京都写真美術館/2018 など

主なテキスト
「Photoshop以降の写真作品:「写真装置」のソフトウェアについて」『インスタグラムと現代視覚文化論』所収/2018 など




参考作品






《 Stills from Translation Zone 》 映像 / 2019



PAGE TOP