キャンパスが美術館

ARCHIVE展覧会アーカイブ

  1. HOME
  2. 展覧会アーカイブ
  3. SEIAN ARTS ATTENTION Vol.6 森 千裕|MORI Chihiro

展示概要

大学の頃、十年間京都に住んでいた。侍たちの骨がアスファルトの下に埋め込まれていることが毎日ビシビシと感じられた。その上をトラックが牛を乗せ、走って行く。湿度、野生的な自然、お金とお酒とロゴが飛び交う現代都市の中に点在する、茶色い神社仏閣、大仏や観音を身近に感じた。そこで仏像の授業を選択し、日本の色々なところにある貴重な仏像を一時期濃密に見る事ができたことは、制作を始めた時期と重なり、強い影響を受けた。ビル群に囲まれた現代社会に、昔の人が真剣に作ったであろう(実際話したことがないのでわからないが危機せまる異様な濃度と本気さを感じる)情念溢れるねっちりとした仏像たちが混在していることは、今も生理的関心事である。



 森千裕は、独特のセンスで日常的な言葉や物を組み合わせることで、奇想天外である種コミカルな作品を作り出す。社会のヒエラルキーを覆し、様々な事柄の目に見えない関係を明らかにするその手法は、既製品で構成された立体作品、水彩や墨絵画作品、ドローイング、言葉の組み合わせ、写真、本など多岐に渡る。
 
 本展では、成安造形大学のギャラリーアートサイトと三井寺に、自作の作品の中からテーマに沿った作品を選び、新作を加えたインスタレーションを発表する。《六大学の墓》は社会的なブランドやヒエラルキーの無化を試み、《半分人間図》では二つに引き裂かれた自己を表現する。《アーバン観音(バイト)》ではアルバイトのバーテンダーが限度を超えた多忙さのため千手観音と化し、《サウナ仏壇(フルーツ)》では猫型仏像が、《Ken Takakura仏》では高倉健が仏として高級ウィスキー箱の中に鎮座する。《Eternal Itching(赤い夜間)》では「NHK」と「個人」が対比されつつスポーツ系ロゴがコンサート風景に被る。このように独特な世界観や状況の中で、多様な神が出現するのだ。

出展作家

森 千裕|MORI Chihiro


1978年 大阪府生まれ 東京都在住
2005年 京都市立芸術大学大学院 美術研究科 絵画専攻修了

近年の主な展覧会
2014年「 開館20周年記念 MOTコレクション特別企画 クロニクル1995̶ 第2部 aer 1995」(東京都現代美術館|東京)
2013年「 六本木クロッシング2013 アウトオブダウト」(森美術館|東京)
2013年「 MOTコレクション第2部 残像から-aerimages of tomorrow」(東京都現代美術館|東京)
2012年「 カラフルなヌカルミ」(CAPSULE|東京)

2010年に、作品集『都会のアルバム 森ブック3』(大和プレス)を制作。
リリィ・シュシュ「エーテル」(OORONG-SHA)PV制作にも参加。
PAGE TOP