キャンパスが美術館

ARCHIVE展覧会アーカイブ

  1. HOME
  2. 展覧会アーカイブ
  3. SEIAN ARTS ATTENTION Vol.8 7. 山上山下七里半、比叡山回峰行の道程
撮影|寿福 滋

展示概要

千日回峰行とは、7年間で千日間、山上山下七里 半を回峰するという、延暦寺の厳しい修行の中で も最も過酷であると言われています。今回の展示では、近江学研究所とgrafのコラボレーションとして、その回峰行の道程を芝生グラウンドに、丸太(滋賀県の間伐材)やロープ(近江屋ロープ)を使用したgraf流の遊び心ある道程マップを設えています。実際に現地で見ることができる根本中堂の「不滅の法灯」、「弁慶水」、「玉体杉」、「釣垂岩」、「山王鳥居」をモチーフとしたものも展示しています。

出展作家

不滅の法灯(根本中堂)
協力:和ろうそく大與(高島市今津)

玉体杉、釣垂岩
協力:養覚瓦店(大津市仰木)

山王鳥居
協力:須原紀彦 禰宜(日吉大社)

展示詳細

デザイン・展示制作|graf × 近江学研究所
監 修|加藤賢治(近江学研究所副所長)
石川 亮(近江学研究所研究員)
什器デザイン|graf、葭村太一(TANUKI)
協 力|近江通商㈱(高島市新旭)
多羅信鋼(造形ラボ)
葛本康彰(造形ラボ)
PAGE TOP